2014年10月31日

ロジータ記念&ローレル賞2014 川崎競馬場で11/5開催

【PR】南関競馬で生活する方法【PR】
*************************
かわさき.jpg
南関競馬次週の開催は川崎競馬場。

11月3日(月・祝)から7日(金)まで5日間の予定で行われます。

川崎競馬次回開催の注目競走は、11月5日(水)に施行されるロジータ記念です。

ロジータ記念は、サラブレッド系3歳牝馬による地方全国交流競走。

距離ダート2100mのS1競走で今年が第25回目になります。

2010年より南関S1競走に格上げされ、その翌年より交流競走に。

交流競走開催後もいずれも南関勢が優勝。

11年はクラーベセクレタ、

12年がエミーズパラダイス、

13年カイカヨソウと3年連続川島厩舎の所有馬が優勝しています。

第25回ロジータ記念には、

地元川崎競馬所属のアクアウィズ、アッリヴァーレなどが出走登録をしているほか、

他地方競馬からは、

佐賀競馬のロータスクラウン賞を制した高知競馬所属のクロスオーバー、

関東オークス2着のトーコーニーケ(兵庫)、


愛知競馬所属のナムラユキヒメが参戦する予定です。

さらにロジータ記念開催の5日には、ローレル賞も施行。

ローレル賞は、サラブレッド系2歳牝馬の地方全国交流競走。

ダート1600mのS3競走で、今年が第14回目となります。

10年より世代別牝馬重賞競走シリーズのGRANDAME-JAPAN2歳シリーズに指定され、他地方競馬の馬も参戦。

昨年はホッカイドウ競馬所属のクライリングが頂点に立ちました。

第14回ローレル賞にも、

ホッカイドウ競馬所属のサプライズソングやタイムビヨンド、

岩手競馬のフロムミートゥユーやオールドラヴなどが出走登録をしています。

両重賞競走は、いずれも11月5日水曜日に実施。

第25回ロジータ記念は11レース、

第14回ローレル賞は12レースに施行されます。


+++
地方競馬のちょい予想⇒ 過去の成績公開中
+++
今なら3大特典無料進呈・地方競馬最新情報毎日配信中⇒ 
無料メルマガ・地方競馬で勝とう
posted by 地方競馬初心者講座 at 10:44| 川崎競馬 | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

北海道2歳優駿2014 門別競馬11月6日出走予定馬

【PR】南関競馬で生活する方法【PR】
*************************
141027-141102.jpg


グランシャリオンナイターを開催中の門別競馬場では、

交流重賞競走の北海道2歳優駿を11月6日(木)に開催します。

北海道2歳優駿は、サラブレッド系2歳によるJpn2競走。

距離はダート1800mで今年が第41回目になります。

1997年より交流競走となり

過去17回開催中JRA勢が8回、

そして地元ホッカイドウ競馬所属馬が9回優勝。

他の交流重賞と違い、さすが2歳馬の宝庫だけあって

地元北海道勢が善戦しています。

昨年はハッピースプリントが優勝。

その勢いで全日本2歳優駿を制し、NARグランプリ年度代表馬に選出されました。

第41回北海道2歳優駿には、

JRAから4頭、北海道競馬から6頭、他地方競馬からは4頭が出走予定です。

すでに地元ホッカイドウ競馬からは、

10月のサンライズカップを勝ち重賞制覇を果たしたタケルオウジと

同競走2着で、盛岡競馬場のジュニアグランプリにも出走歴があるハニームーンの2頭が優先出走権を獲得。

ほかにはブリーダーズゴールド優勝馬のオヤコダカや

サンライズカップ3着のクラバズーカー、

イノセントカップ4着のサクセスストーリーや

川崎競馬場の重賞競走鎌倉記念にも出走(4着)したサダムリスペクトらが出走予定です。

JRAからは、デビューから2連勝中のキャプテンシップや

プラタナス賞2着のデヴァスタシオン、

3戦目で未勝利勝ちを果たしたカラパナビーチと

トウケイファルコンが参戦予定。

他地方競馬からは、

笠松競馬所属のオーベルジーヌが出走する予定です。

第41回北海道2歳優駿は、

11月6日(木)に門別競馬場で施行されます。


+++
地方競馬のちょい予想⇒ 過去の成績公開中
+++
今なら3大特典無料進呈・地方競馬最新情報毎日配信中⇒ 
無料メルマガ・地方競馬で勝とう
posted by 地方競馬初心者講座 at 00:07| ホッカイドウ競馬 | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

JBCレディスクラシック2014出走馬情報〜地方競馬編〜

【PR】南関競馬で生活する方法【PR】
*************************

jcb.jpg

11月3日行われるJBC2014盛岡。

3つのG1競走が繰り広げられる地方競馬の祭典のなかで、

唯一の牝馬限定G1がJBCレディスクラシックです。

過去3回の同競走は、いずれもJRA勢が優勝。

今年のJBCレディスクラシックにも

JRAからは、

アクティビューティ、

コーリンベリー、

サンビスタ、

トロワボヌール、

ブルーチッパー、

ワイルドフラッパーと有力馬6頭が出走予定。

対する地方競馬所属馬からは10頭が参戦します。

昨年のレディスクラシック出走馬の中で

地方競馬先着馬の5着と健闘した

愛知競馬所属のピッチシフターが今年も参戦。

今年は4月の東海桜花賞、

6月のパールOP、

7月の名港盃、

そして9月の秋桜賞と地元で4勝を挙げています。

前走のレディスプレリュードは5着。

JRAの高い壁を打ち破ることができるのかに注目が集まります。

南関競馬からはカイカヨソウとマイネエレーナが参戦。

カイカヨソウは昨年3月のロジータ記念以来白星から遠ざかっていますが、

7月のスパーキングレディーで4着。

まだまだ上積みも見込められ、一発も狙えるムード。

マイネエレーナは、10月の埼玉栄冠賞で重賞制覇を達成。

この勢いで統一G1に挑みます。

地元岩手からは、

コウギョウデジタル、

フラッシュモブ、

マムティ、

カミノマーチの4頭が出走予定。

コウギョウデジタルは、

あうなろ賞、OROカップ、フェアリーカップと

今年3勝。

盛岡勢の中では一番期待ができそうです。

そのほか

愛知競馬からブレーヴスキー、

高知競馬からボーライトウショウ、

笠松競馬からユーセイクインサーが出走します。

JBCレディスクラシックは、

11月3日盛岡競馬場で施行されます。

+++
地方競馬のちょい予想⇒ 過去の成績公開中
+++
今なら3大特典無料進呈・地方競馬最新情報毎日配信中⇒ 
無料メルマガ・地方競馬で勝とう
posted by 地方競馬初心者講座 at 13:02| JBC | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。