2016年04月29日

兵庫チャンピオンシップ2016 園田競馬場5月4日

*********
地方競馬の達人の予想

⇒ 
5月会員ジャッカル地方競馬
*********

ゴールデンウイークの園田競馬場では2つの重賞競走が行われます。

5月4日(水)は、交流重賞競走の兵庫チャンピオンシップ、

5月5日(木)は、兵庫春の王者決定戦の兵庫大賞典です。

4日施行の兵庫チャンピオンシップは、サラブレッド系3歳馬によるダート1870mのJpn2競走。

2000年より中央地方の統一重賞競走に指定され、今年が第17回目となります。

第1回目は笠松競馬のミツアキサイレンス、

2回目は地元兵庫のロードハクシンが優勝したものの、

3回目の02年から昨年の第16回まで14年連続JRA所属馬が優勝。

13年はコパノリッキー、

14年はエキマエ、

そして昨年はクロスクリーガーが兵庫チャンピオンシップを制しています。

第17回兵庫チャンピオンシップには、

JRAから5頭、

他地方競馬から3頭、

そして地元兵庫からは4頭の全12頭が出走予定。

なかでも一番の注目はゴールドドリームです。

03年のフェブラリーステークス覇者・ゴールドアリュールを父に持ち、

ここまでデビューから3戦3勝。

前走OPのヒヤシンスステークスを快勝し、堂々の重賞獲りを狙います。

ほかには、昨年12月のG1・全日本2歳優駿で2着のレガーロや

イーストオブザサン、グランセブルス、ケイティブレイブが参戦予定です。

迎え撃つ兵庫勢からは、

今年5戦3勝2回3着と複勝率100%のエイシンニシパや

4月の菊水賞2着のタケマルビクターらが出走予定。

他地方競馬からは、

笠松競馬のリックカグラ、

高知競馬からイツモシアワセとサプールコンゴが出走します。

第17回兵庫チャンピオンシップは

5月4日園田競馬場で行われます。
園田.png


----------------------------------------
競馬予想のレジまぐ



posted by 地方競馬初心者講座 at 07:06| 園田競馬場 姫路競馬場 | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

かきつばた記念2016 5月3日名古屋競馬場

*********
地方競馬の達人の予想

⇒ 
5月会員ジャッカル地方競馬
*********

Kakitsubata.jpg

名古屋競馬場では、5月3日に重賞競走のかきつばた記念が開催されます。

かきつばた記念は、サラブレッド系4歳馬以上による指定交流競走。

ダート1400mのJpn3競走で、今年が第18回目の開催になります。

過去17回のうち、JRA組は13回優勝。

連覇は、09.10年のスマートファルコンと

11.12年のセイクリムズンの2頭。

昨年はコーンベリーが優勝しました。

地方所属馬は、

04年カルカセンリョウ、05年ヨシノイチバンボシと2年連続名古屋所属馬が

06年は川崎のロッキーアピール、

14年は兵庫のタガノジンガロが優勝しました。

第18回かきつばた記念には、

JRAから5頭、東海地区から6頭、他地方競馬から1頭が参戦予定。

注目は昨秋のスプリンターズステークス覇者のスノードラゴン。

ダートは14年根岸ステークス以来約2年3ヵ月ぶり。

過去にはダート1400mでの勝利実績もあるが、

久々のダートが吉と出るか、凶と出るか?

ほかには昨年のサマーチャンピオン(佐賀)王者で、

マイルチャンピオン(盛岡)2着、前走はフェブラリーステークスに出走(6着)したタガノトネールや

現在2連勝中のノボバカラ、

今年すでに2勝を挙げているものの前走東京スプリント競走では

2番人気4着と裏切ったブルドッグボス、

昨年のかきつばた記念2着馬のレーザーバレットが参戦予定です。

迎え撃つ地元勢からは、

前走の東海桜花賞を制したサルバドールハクイや

今年3勝を挙げているイワクラギンガ、

ケントリュウコウ、アップアンカーらが出走する予定。

他地方競馬からは、岩手競馬所属のラブバレットが出走します。

第18回かきつばた記念は、5月3日(火・祝)名古屋競馬場で施行されます。


----------------------------------------
競馬予想のレジまぐ




posted by 地方競馬初心者講座 at 23:27| 名古屋競馬 | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

かしわ記念2016 船橋競馬GW開催

*********
ホッカイドウ競馬で勝ちたい人へ

⇒ 門別競馬格付け勝負法
*********

かしわ記念.png

南関競馬次回の開催地は船橋競馬場。

5月最初の南関競馬は、5月2日(月)から5月6日(金)まで

ゴールデンウイーク真っ只中に、船橋競馬場で

ハートビートナイターが実施されます。

次回の船橋競馬、注目レースはJpn1競走のかしわ記念です。

かしわ記念は、サラブレッド系4歳馬以上によるダート1600mのJpn1競走。

1989年より実施され、今年が第28回目の開催となります。

1996年から中央・地方全国指定交流競走に指定され、

過去20年間でJRA勢が13頭、地方勢は7頭優勝。

しかし最近は中央勢が圧倒しており

12年エスポワールシチー、

13年ホッコータルマエ、

14年コパノリッキー、

15年ワンダーアキュートと

ここ4年はJRA所属馬がかしわ記念を制しています。

第28回かしわ記念には、

JRAから6頭、地方競馬所属馬から8頭の全14頭が出走予定です。

JRAからは、14年の優勝馬・コパノリッキーが参戦予定。

昨年はフェブラリーステークスとJBCクラシックを制するも、

ここ3戦は結果を出せず。

前走のフェブラリーステークスも7着と敗れてしまいました。

2年前のチャンピオンがここで巻き返すことができるのか。

ほかには、

昨年末の東京大賞典を制したサウンドトゥルーや

フェブラリーステークス王者のモーニン、

1月の東海ステークス優勝馬のアスカノロマンに

昨年のジャパンダートダービー1着馬のノンコノユメ、

15年のかしわ記念2着のベストウォーリアが参戦予定。

いずれも重賞ホルダーで、どの馬が勝っても不思議じゃありません。

対する地方勢は、

2月に報知グランプリを制したタイムズアローや

笠松競馬所属馬のタッチデュールらが出走予定。

なかでも注目は、ソルテ。

昨年3月の隅田川オープンを制して以降、

川崎マイラーズ、京浜盃グランドマイラーズなど7連勝中。

前走のフジノウェーブ競走でも力の差を見せつけての勝利だっただけに

中央所属馬とどこまで戦えるのかに期待が高まります。

第28回かしわ記念は、5月5日船橋競馬場で行われます。

なおGW開催の船橋競馬では

5月4日も重賞競走・東京湾カップが施行されます。

----------------------------------------
競馬予想のレジまぐ






posted by 地方競馬初心者講座 at 03:57| 船橋競馬 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。