2016年04月07日

マリーンカップ2016 船橋競馬4月13日施行

南関競馬は2点で勝てる!!
南関スコーピオン
----------------------------------------------------------------------------------------

南関競馬次回の開催地は船橋競馬場。

2016年度最初の船橋競馬は4月11日から4月15日まで

5日間の予定で行われます。

hunabasi201604.png

船橋開催次回開催の注目競走は

マリーンカップです。

マリーンカップは、地方中央の交流重賞競走。

サラブレッド系3歳以上牝馬によるJPN3競走で

距離はダート1600m。

今年が第20回の記念大会になります。

過去19回のマリーンカップでは

JRA所属馬が13回優勝。

11年には震災のため開催が中止となり、

それ以降の4年間を見ると、

12年ミラクルレジェンド、

13年メーディア、

14年ワイルドフラッパー、

15年サンビスタと

4年ともJRA勢が優勝しています。

南関勢は07年のトーセンジョウオーを最後に優勝馬が出ていません。

第20回マリーンカップには、

JRA所属馬が4頭、

南関競馬所属馬が7頭、

他地方競馬からは3頭が出走予定。

JRAからは話題のアイドルホース・ブチコが参戦予定。

その愛らしい姿から一気にアイドルとなり

デビューから13戦のうち5回の1番人気、4回の2番人気と

人気先行もなかなか勝てない時期が続きましたが、

今年に入ってからは3戦2勝3着1回。

ダートを軸に走り始めてから結果が出てきています。

今回は初の地方戦。

重賞競走は、15年3月のチューリップ賞、

6月のユニコーンステークス以来およそ10ヵ月ぶり3走目。

ダートの交流重賞でブチコは結果を出すことができるでしょうか。

ほかにはデムーロ騎手が騎乗するフォーエバーモア

戸崎騎手とのコンビで挑むヴィータアレグレアらが参戦予定。

他地方競馬からは

地方交流戦ではお馴染みの

笠松競馬所属・タッチデュール、

高知競馬のブラックバカラ、

兵庫競馬のダブルファンタジーが出走予定です。

迎え撃つ南関勢は

昨秋の秋桜賞(名古屋)優勝馬のケンブリッジナイスや

昨年末の東京シンデレラマイル優勝のブルーチッパー、

同競走2着でロジータ記念覇者、NARグランプリ3歳最優秀牝馬のララベルらも出走予定です。

第20回マリーンカップは、

4月13日水曜日、船橋競馬場で施行されます。

マリーンカップの出走馬情報、ならびに

他のレースの開催、イベントの詳細については

船橋競馬の公式ホームページをご覧ください。

------------------------------------------------------------------
南関競馬で連日的中連発!!〜無敵の南関7点勝負〜サウザー7(セブン)









posted by 地方競馬初心者講座 at 17:36| 船橋競馬 | 更新情報をチェックする