2016年05月26日

スーパースプリントシリーズ2016 6月5日開幕

今日から始められる楽天競馬
⇒ ポイントアップキャンペーン実施中

---------------------------

sss2016.jpg

1000m未満の短距離レースに特化した、

地方競馬独自のスプリントレース。

その名もスーパースプリントシリーズ2016が、

6月5日(日)に開幕。

7月20日(水)まで、全国6か所で繰り広げられます。

スーパースプリントシリーズは、競走距離1000m以下のレースのみで構成されるシリーズ競走。

2011年からスタートし、今年が6年目の開催となります。

スーパースプリントシリーズは、全国各地の5会場でそれぞれスプリントレースを開催。

その1着馬がファイナルレースに進出します。

スーパースプリントシリーズ第一弾は

早池峰スーパースプリント。

同競走は、距離1000m。

昨年はデュアルスウォードが優勝しています。

早池峰スーパースプリントは、6月5日(日)に盛岡競馬場で施行されます。

続いて6月16日(木)に行われるのは川崎スパーキングスプリント。

川崎競馬場で繰り広げられる距離900mの短距離戦。

一昨年はユーリカ、昨年はカベルネフランがそれぞれ1着になりました。

6月21日(火)に名古屋競馬場で開催されるのは

名古屋でらうまスプリント。

11年から13年まではラブミーチャンが3連覇を果たしたレース。

14,15年はワールドエンドが優勝しています。

そして6月23日(木)は、門別競馬場でグランシャリオ門別スプリント、

6月30日(木)には、園田競馬場で園田FCスプリントが施行。

各レースの1着馬、ならびに川崎スパーキングスプリントの1、2着馬がファイナルレースへの優先出走権を獲得します。

スーパースプリントシリーズ、今年もファイナルの地は

船橋競馬場。

7月20日(水)にダート1000mの習志野きらっとスプリントが実施されます。

過去11年から13年までは3年連続でラブミーチャンが制覇。

14年は船橋競馬所属のナイキマドリード、

15年は大井競馬所属のルックザットキルが頂点に立ちました。

ダート1000メートル以下の超短距離レースによる地方競馬の祭典

スーパースプリントシリーズ2016。

今年はどんなドラマが生まれるのでしょうか?


--------------------------------
競馬予想のレジまぐ
posted by 地方競馬初心者講座 at 09:24| 地方競馬 スーパースプリントシリーズ | 更新情報をチェックする