2016年04月27日

かしわ記念2016 船橋競馬GW開催

*********
ホッカイドウ競馬で勝ちたい人へ

⇒ 門別競馬格付け勝負法
*********

かしわ記念.png

南関競馬次回の開催地は船橋競馬場。

5月最初の南関競馬は、5月2日(月)から5月6日(金)まで

ゴールデンウイーク真っ只中に、船橋競馬場で

ハートビートナイターが実施されます。

次回の船橋競馬、注目レースはJpn1競走のかしわ記念です。

かしわ記念は、サラブレッド系4歳馬以上によるダート1600mのJpn1競走。

1989年より実施され、今年が第28回目の開催となります。

1996年から中央・地方全国指定交流競走に指定され、

過去20年間でJRA勢が13頭、地方勢は7頭優勝。

しかし最近は中央勢が圧倒しており

12年エスポワールシチー、

13年ホッコータルマエ、

14年コパノリッキー、

15年ワンダーアキュートと

ここ4年はJRA所属馬がかしわ記念を制しています。

第28回かしわ記念には、

JRAから6頭、地方競馬所属馬から8頭の全14頭が出走予定です。

JRAからは、14年の優勝馬・コパノリッキーが参戦予定。

昨年はフェブラリーステークスとJBCクラシックを制するも、

ここ3戦は結果を出せず。

前走のフェブラリーステークスも7着と敗れてしまいました。

2年前のチャンピオンがここで巻き返すことができるのか。

ほかには、

昨年末の東京大賞典を制したサウンドトゥルーや

フェブラリーステークス王者のモーニン、

1月の東海ステークス優勝馬のアスカノロマンに

昨年のジャパンダートダービー1着馬のノンコノユメ、

15年のかしわ記念2着のベストウォーリアが参戦予定。

いずれも重賞ホルダーで、どの馬が勝っても不思議じゃありません。

対する地方勢は、

2月に報知グランプリを制したタイムズアローや

笠松競馬所属馬のタッチデュールらが出走予定。

なかでも注目は、ソルテ。

昨年3月の隅田川オープンを制して以降、

川崎マイラーズ、京浜盃グランドマイラーズなど7連勝中。

前走のフジノウェーブ競走でも力の差を見せつけての勝利だっただけに

中央所属馬とどこまで戦えるのかに期待が高まります。

第28回かしわ記念は、5月5日船橋競馬場で行われます。

なおGW開催の船橋競馬では

5月4日も重賞競走・東京湾カップが施行されます。

----------------------------------------
競馬予想のレジまぐ






posted by 地方競馬初心者講座 at 03:57| 船橋競馬 | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

マリーンカップ2016 船橋競馬4月13日施行

南関競馬は2点で勝てる!!
南関スコーピオン
----------------------------------------------------------------------------------------

南関競馬次回の開催地は船橋競馬場。

2016年度最初の船橋競馬は4月11日から4月15日まで

5日間の予定で行われます。

hunabasi201604.png

船橋開催次回開催の注目競走は

マリーンカップです。

マリーンカップは、地方中央の交流重賞競走。

サラブレッド系3歳以上牝馬によるJPN3競走で

距離はダート1600m。

今年が第20回の記念大会になります。

過去19回のマリーンカップでは

JRA所属馬が13回優勝。

11年には震災のため開催が中止となり、

それ以降の4年間を見ると、

12年ミラクルレジェンド、

13年メーディア、

14年ワイルドフラッパー、

15年サンビスタと

4年ともJRA勢が優勝しています。

南関勢は07年のトーセンジョウオーを最後に優勝馬が出ていません。

第20回マリーンカップには、

JRA所属馬が4頭、

南関競馬所属馬が7頭、

他地方競馬からは3頭が出走予定。

JRAからは話題のアイドルホース・ブチコが参戦予定。

その愛らしい姿から一気にアイドルとなり

デビューから13戦のうち5回の1番人気、4回の2番人気と

人気先行もなかなか勝てない時期が続きましたが、

今年に入ってからは3戦2勝3着1回。

ダートを軸に走り始めてから結果が出てきています。

今回は初の地方戦。

重賞競走は、15年3月のチューリップ賞、

6月のユニコーンステークス以来およそ10ヵ月ぶり3走目。

ダートの交流重賞でブチコは結果を出すことができるでしょうか。

ほかにはデムーロ騎手が騎乗するフォーエバーモア

戸崎騎手とのコンビで挑むヴィータアレグレアらが参戦予定。

他地方競馬からは

地方交流戦ではお馴染みの

笠松競馬所属・タッチデュール、

高知競馬のブラックバカラ、

兵庫競馬のダブルファンタジーが出走予定です。

迎え撃つ南関勢は

昨秋の秋桜賞(名古屋)優勝馬のケンブリッジナイスや

昨年末の東京シンデレラマイル優勝のブルーチッパー、

同競走2着でロジータ記念覇者、NARグランプリ3歳最優秀牝馬のララベルらも出走予定です。

第20回マリーンカップは、

4月13日水曜日、船橋競馬場で施行されます。

マリーンカップの出走馬情報、ならびに

他のレースの開催、イベントの詳細については

船橋競馬の公式ホームページをご覧ください。

------------------------------------------------------------------
南関競馬で連日的中連発!!〜無敵の南関7点勝負〜サウザー7(セブン)









posted by 地方競馬初心者講座 at 17:36| 船橋競馬 | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

ダイオライト記念2016 注目馬&有力馬

地方競馬厳選3連単勝負★回収率140%
---
南関競馬次回の開催地は船橋競馬場。

3月7日から3月11日まで5日間の予定で行われます。

船橋競馬次回開催の注目競走は、ダイオライト記念です。

d-k.png

ダイオライト記念は、サラブレッド系4歳以上による地方交流競走。

距離はダート2400mのJpn2で今年が第61回目を迎えます。

交流重賞になった1996年から去年までの20年間のうち

JRA組が勝ったのが15回。

南関勢が4回、笠松競馬所属馬が1勝。

南関組は08.09年にフリオーソが連覇したのを最後に勝ち星がなく

10年フサイチセブン

11年スマートファルコン

12年ランフォルセ

13年オースミイチバン

14年ニホンピロアワード

15年クリソライト

と6年連続JRA勢が勝利しています。

第61回ダイオライト記念には、

JRAから4頭の馬が参戦予定。

昨年の覇者でダイオライト記念2連覇を狙うクリソライトや

15年アンタレスステークス優勝馬で

2月には佐賀記念に参戦し3着だったクリノスターオー、

その佐賀記念で重賞初制覇を果たし、

その勢いで出走するストロングサウザー、

昨年秋に金沢競馬場で行われた重賞競走の

白山大賞典で優勝したマイネルバイカが参戦します。

他地方競馬からは、

川崎競馬場のエンプレス杯に参戦したばかりのタッチデュールや

高知競馬所属のブランクヴァース、タイセイローマンが参戦、

迎え撃つ南関勢は、

ユーロビート、サミットストーンら

7頭が出走する予定です。

第61回ダイオライト記念は、

3月9日水曜日に船橋競馬場で施行されます。

--
TCK女王盃、エンプレス杯
南関儒勝2連勝中
ちょい予想の攻めの重賞予想








posted by 地方競馬初心者講座 at 09:16| 船橋競馬 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。